2017年11月8日水曜日

ヨガジャーナル:たった200時間のトレーニングでヨガ指導者になれるのか?YTTの実態と問題に迫る



YOGA SPOT認定のヨガティーチャートレーニングは全米ヨガアライアンスが定める基準以上の最高水準のヨガ教育が包括的に受けられるトレーニングです。

ヨガジャーナルのこの記事の中でヨガを長年教えてきたマスターティーチャー達が提唱している上質のトレーニングの基準、最小で500時間のトレーニングやメンタープログラムを提供する事など、ヨガスポットのトレーニングはそれら全てを満たし、

それ以上の、クオリティーの高い、本物のヨガティーチャーを養成する、最高水準のヨガの高等教育を提供しています。

この記事の中で上質なヨガティーチャートレーニングの基準について語っているマスターティーチャー、アニー・カーペンターは私もとても影響を受けた素晴らしい先生で、アニー・カーペンターのヨガクラスについては度々このブログに書きましたが、彼女がLAで長年教えていた時、LAにいる間はアニー先生のクラスに入り浸りになった位、彼女のクラスに通い、練習を良く見てもらいました。


次回のYOGA SPOT認定


【ヴィンヤサヨガティーチャートレーニング200時間】


6月スタート・5ヶ月長期コース

2018年6月23日〜11月24日

申込受付中!






ブログ アーカイブ

このブログを検索

Yoga Spot YouTube

Loading...