2017年4月19日水曜日

ラム・ダス「覚醒への糧ー心の探求の道しるべ」

ナマステ yoga lovers!




キルタン・アーティストのクリシュナダスやラムダスのグルである聖者ニームカロリババについてラム・ダスが綴った著書 『愛という奇蹟』の翻訳をした友人の大島陽子さんが新たにラム・ダスの「覚醒への糧 心の探求の道しるべ」(サンガ)を翻訳し出版されました。


この本は、1970年代に出版され、2013年にアメリカで改定版が出たラム・ダスのGrist for the Millを全訳したものです。人生で起きてくるすべてのことは、喜びはもとより、苦しみも含めて、すべてが目覚めていくための糧となるということを、ラム・ダスが様々な角度から語ったものです。


ヨガラバー、ヨガティーチャー、ヨガの生徒、ヨガ実践者ではなくても目覚めへの道を志している人たちには必ずジューシーなヒントが見つかるはずです。



2017年4月13日木曜日

インドヨガティーチャートレーニング |パート2 バラナシ|ケララから北インドへ

Har Har Mahadev! 




バラナシには行くたびにバラナシの魅力が浸透してくるとってもパワフルな街



ヨガスポットの生徒達とのジューシーなケララでのヨガトリップを終え、今度はヨガの生徒として、私達が愛してやまない、マハ・ティーチャー、世界的ヨガの第一人者である Shiva Rea とのヨガトレーニングのため、偉大なヨギ、シヴァと偉大なヨギニ、パルヴァティの町、バラナシへと向かいました。



毎朝、早朝からガンジス河のガートでヨガサダナ
毎朝日の出を拝みながらヨガと瞑想をしました




早朝のガンジシ河のガートでの火の儀式、ハヴァン

ハヴァンでは火のパワーを直接感じるため最前列に座る事をお勧めします




毎日、朝5時からバラナシのガンジス川のアラティと火の儀式、ホーマに参加し、ガンジス川からの日の出を拝みながらシヴァ・レー先生とプラーナヴィンヤサの仲間達と瞑想&ヨガプラクティス。



偉大なヨギ、シヴァと偉大なヨギニ、女神パルヴァティの融合を祝うシヴァラトリのお祭りの時期だったのでバラナシのガートではインド最古の古典音楽、ドゥルパドのコンサートが夜通し開かれていました。早朝の練習はガンジス河の目の前でドゥルバドのマスター達の生演奏を聴きながら、シヴァのガイドするヨガクラス。。。本当に夢の様な贅沢なサダナ(スピリチュアル・プラクティス)









毎日午後から夜までガンジス河のボートの上でマントラ・チャンティング
めちゃ!かっこいいキルタン・アーティースト、アルジュンババとのキルタンを毎日ボートの上で
女神パルヴァティ、シヴァ神、シヴァ先生とバラナシのパワーに包まれ、アルジュンババのキルタンで歌って、踊って、歌いまくりました




シヴァラトリの朝の練習を終え、その日はキチャリのみ食し、軽い断食をし、午後からシヴァとプラーナヴィンヤサの仲間たちとガンジス川のボートの上でキルタン、シヴァ寺でお参り、パーティをした後、ガートの夜通しドゥルパドのライブに参加し、朝までオールナイト!


シヴァラトリは徹夜で祝う風習。最後にいつ徹夜したかも覚えていない位だったのですが、シヴァの街、世界一古い古都バラナシのhigh vibesで夜通しシヴァラトリを祝いました。




ガンジス河の目の前、ガートにあるお城で
ガンガを眺めながら、シヴァ神とパルヴァティのエネルギーと古代のヨギ達のバイブスと繋がりながら、先生とアサナの練習







バラナシの凄さと魅力はすでに語りつくされていますが味があり過ぎてあり過ぎて。ずっと味わっていたくなります。バラナシは勉学と音楽の都でもあり、数えきれない程多くの聖者、哲学者、神秘家、アーティスト、ミュージシャンが魅せられた街、バラナシは異次元への入り口が街中に溢れています。バラナシは大きな観光地として有名で世界各地から観光客が訪れます。一生に一度は行く価値がある場所です。特にヨガラバー、シヴァ神ラバーは絶対に行っておきたい聖地です。




インド最古の古典音楽ドゥルバドのコンサート
ドゥルバド界の巨匠グンデチャ・ブラザースの生演奏では高次元へとトリップしました!




早朝の瞑想




シヴァラトリの徹夜明けの朝の集合写真



言葉では表せられない程の体験、恩寵、宇宙からの、そして最愛の師からのダウンロードを沢山受け取りました。多くの生徒達に心から愛され、沢山の生徒達を光りへと導き、惜しみなく叡智と愛を降り注いでくれるShiva Reaの元でヨガ、魂の進化へのプラクティスを実践できる事、そしてヨガスポットの生徒達へこのヨガの叡智を届けられる事に感謝します。




生徒を友と呼び、やることなすこと、カッコ良すぎるシヴァレー先生、先生の教え、導きがあったからこそ今の私達がいます。生徒に『グル』とは呼ばないでほしいとシヴァ先生は言いますが、先生の導き、教え、姿勢はグルのあるべき姿だと感じています。シヴァ先生に永遠に感謝!!!(生徒にグルって呼ばせる人こそ怪しい、もちろん聖者や真のグルは別ですが)












最後の夜はボートの上でキルタンをしながら
みんなの Re- birthday 再誕生日 を祝ってくれました







バランシ名物のラッシー
OMG! 一度食べたら忘れらない美味しさです
ここのラッシーを食べに今すぐバラナシまで行きたい位



有名なバラナシのアラティ
インドのどこの街でもアラティはずーっと見ていられます
近くで観察するとアラティのプロセスの細部がみれて勉強になるんです

シヴァ神の聖地、ニューヨークの様に唯一無二である深くパワフルな街、バラナシでの最愛の師、シヴァレーとのヨガトレーニング。トレーニングは毎朝、日の出前に起床し、ガンジス川のガートでの火の儀式から始まり、瞑想、アサナ、ポーズの練習等々とすごくハードスケジュールだったのですが、これこそがタパス!師のもとでヨガを練習する醍醐味です。毎日キルタン・アーティストのアルジュン・ババのキルタンをボートの上で、お祭り騒ぎ。全てにおいて最高、濃厚、濃密なトレーニングでした。


トレーニングが完了した後も、シヴァの滞在しているお城のディナーに招待していただいたり、頻繁に会う事のできないシヴァ先生とバラナシで沢山時間を過ごす事ができて、next levelの体験を共にできた事に Har Har Maha Dev!!! この体験はバラナシでシヴァ先生とだから出来た体験です。



バラナシでしたネクスト・レベルの体験をハートに、high vibes満タンで今月末始まる、GW中開催のハタヨガティーチャートレーニングをガイドしますのでぜひ飛び込んでみてください!



そして来年2月のバクティヴィンヤサティーチャートレーニングはバラナシで開催予定!皆様を next level の次元へとガイドします。申込受付は近日開始します。










ガートにあるブラーミンの学校で少年達は幼少の頃からヴェーダ聖典やヴェーディック・チャンティングの教育を受けています
休み時間に遊んでいるブラーミンの少年達はみんな真の自分を知っているような力強さを醸し出していて可愛いと言うよりは格好良い感じです



今回のヨガトリップでバラナシとゴアの3週間をずーっと共にした
プラーナヴィンヤサのグルバイ、デラメイとアイモ
デラメイとは2008年のプラーナヴィンヤサ・ティーチャートレーニングの時からの親友で住んでいる場所は違うけどこうして世界のどこかで度々リンクする事ができるって良いです



そして、そして、バラナシの次は長年行くことを夢みていたクリシュナの聖地である

ヴリンダーヴァンへ!

2017年4月11日火曜日

春のアーユルヴェーダ

Happy Spring!


横浜は桜も満開で横浜公園では毎年恒例のチューリップも満開です。まだ少し寒いですが、春が顔だしてきた事を五感で感じています。




アーユルヴェーダでは春はカパ(土と水)の季節。毎年この季節になるとお伝えしている、冬と特に春はアーユルヴェーダの観点から1年で最も力強いポーズの練習をする時期です。季節の変化を配慮し、ヨガのポーズの練習を行うと季節の変化から起こる心身の不調和をヨガにより改善する事が可能です。

春は肺をクレンジングし、腎臓を温める運動とポーズが最も効果的。知的なヨガのシークエンス、ヨガレッスンとアーユルヴェーダの叡智をライフスタイルにプラスする事で季節の変化に大きな影響を受けず、調和のとれた心身で新しいシーズンを迎える事ができます。

ヨガスポットでオフアーしているアーユルヨガを考案したアーユルヴェーダの名医、ドクター・ラッドからの春の過ごし方のアドバイスです。Here we go!






Spring Ritucharya

•カパを安定させる食事をとる

フルーツ:りんご、ライム、さくらんぼ、ブルーベリー、クランベリー、レモン、ドライフルーツ、桃、梨、ざくろ、レーズン、ラズベリー、イチゴ

野菜:アスパラ、ピーマン、ビーツ、ブロッコリー、コーン、レタス、マッシルーム、玉ねぎ、じゃがいも、ほうれん草、ケール、セロリ、人参、カリフラワー、キァベツ、ニンニク

スパイス:基本的に春は全てのスパイスを使っても良い


•夜は少し遅めに寝る

•春用のヨガプラクティスと呼吸法、瞑想を行う

•浄化作用のある暖かいハーブティーを飲む、生姜、シナモン、ダンデライオンなど

•消化に良い、軽めの食事

•甘味料には少々の生ハチミツを使う

•週に1回ファスティングを行う(理想的には月曜)


春はまだ始まったばかり。春の快適なヨガ練習を深めていきましょう!

2017年3月31日金曜日

インドヨガティーチャートレーニング India My Love 2017|パート1

What's good yoga lovers!





南インド、ケララで滞在したココナツジャングルに囲まれた湖に建つ
5つ星の高級リゾート
私の部屋のバルコニーからの景色




ハートの半分位はインドに残して来ましたが、先日5週間のインド滞在から帰国しました。Just Wow!!! 魂に深くインプリントされるドープでディープな体験をしてきました。心底インスパイアされたので、ヨガスポットの毎日のヨガレッスンやティーチャートレーニングで皆さんと共有していきます。


今春!ゴールデン・ウィーク、4月29日から大好評のハタヨガ・ティーチャートレーニングがスタート!6月24日からヴィンヤサヨガ・ティーチャートレーニング6ヶ月コースがスタート!


インドからのインスピレーションをハートに響かせ、バクティ・バイブス満タンで皆様をハートの深遠な中心へとガイドします。ヨガを深めたい!いつかはヨガティーチャーになりたい!ヨガって何?こんなにも心を穏やかにしてくれるヨガの事をもっと知りたい!思っている方はお気軽にご参加ください。




バックウォーター、水郷地帯のクルーズ
ボートでムンロー島まで、ココナツでロープや船を作ったり、ココナツオイルを作ったりしているローカルの人々の生活を観察しながらゆっくりとクルーズ
ケララは様々なハーブ、フルーツの木、ココナツが生い茂っていて自然の恵み、豊かさがいっぱい!まさに女神の恩寵、女神が住む国!


今回のインドトリップの入り口となったのは女神の国、南インドのケララ。ここ数年は北インドに行く事が多く、南はゴアまでの南下だったので久しぶりのケララ滞在でした。2005年の3月にケララで一番最初のヨガティーチャートレーニングを受講して、2017年の3月で12年のマンダラが完了と言う、今回のインドトリップは私にとってはとても意味深い、特別な旅でした。




12年前ケララでヨガティーチャーとしての旅が始まり、12年後にケララへ生徒達を連れて戻って来る事になるとはあの頃は想像もしていなかった。

今回のインドリトリートの前半は美しい南インドのバックウォーターに位置する5つ星の高級リゾートでのバクティヴィンヤサヨガ・ティーチャートレーニング。ヨガスポットのティーチャートレーニングの講師でもありsoul brotherのアトマ先生をハイダーバッドから招き、私、OMkariとスンダリが参加者を一生に一度のインスピレーショナルで深いインドのsoul journey へとガイドしました。




バックウォータークルーズの途中、ボートから降りてランチタイム
ケララの伝統のバナナ葉のミールズ

毎朝早朝から360度ココナツジャングルに囲まれたルーフトップでアトマ先生とのマントラ・チャンティング、そして2時間のディープでジューシーなアサナの練習。午後はアトマ先生のヨガ哲学、マントラやプジャについての座学にヨガニドラと言う贅沢なスケジュール。





毎朝早朝から360度ココナツジャングルに囲まれたルーフトップで
マントラチャンティング






ルーフトップからの景色


自由時間もたっぷりあり、リゾートでアーユルヴェーダのマッサージを受けたり、みんなをケララの美しいバックウォーターのクルーズに案内したり、パワフルなお寺へのお参り、南インドの聖者アンマのアシュラムへ訪問もしました。





ハヴァン(火の儀式)


アンマのアシュラムではホーマ、火の儀式に参列。ハヴァン・クンド(火を焚いている穴掘)の目の前と言う特等席に座ることができました。古代から続くディープなディープなタントラヨガの伝統がある南インドのハヴァン!を目の前で体験、見る事が出来て本当に幸せ!キルタン、プジャ、アラティ、ハヴァン、Full On! なアサナの練習にはマックスでテンションが上がります!パワフルなお寺の近くに住んで毎朝お参りしたい位ですッ。




そしてアンマのアーユルヴェーダ・カレッジとアムリタ大学を見学、アメリカ中部でアンマの活動を担当しているシャンタジが直々に案内と通訳をしてくださり、アンマのスーパー・スペシャルなダルシャンも受ける事ができました。






アンマのアーユルヴェーダ大学で薬をハーブから手作りする事を学んでいる所を見学。大学内にはハーブガーデンがありアーユルヴェーダ医師を目指している学生達はハーブを自分達で育て薬を作ります。ハーブガーデンは自然の叡智が詰まってたパワフルな場所でした。シャンタジが直々に案内と通訳をしてくださいました。





アーユルヴェーダ大学の薬をハーブから作る研究室

後ろの棚は材料や薬のサンプル棚



アンマのアーユルヴェーダ大学のハーブガーデン
一見普通の木や植物に見えますがパワフルな薬となるハーブや木々
バックウォーターのクルーズでもそこら中にパワフルな効能を持つ木々や木の実、ハーブが生い茂っていました

あれは胡椒の木だよ、あっちはマンゴーであれはジャックフルーツとボートを漕いでくれたお兄さんが教えてくれました







様々なパワフルな効能を持つハーブや木々は薬だけではなく
プジャ、ハヴァンなどの儀式に供物として神々に奉納されます


アラティ、プジャ、ハヴァン儀式は審美的に美しく、私達のマインドを日常のドラマから離し、瞑想へと導いてくれます。プジャでの1つ1つの動作、火、ムドラ、マントラ、ベル、音、ハーブや木の枝などの奉納物に全て深い神秘的&科学的な意味があります。もちろん知識なしでプジャに参加しても充分瞑想的な効果を味わえますが、プジャの行い方、5元素、動作、マントラや供物の科学的な意味を理解する事で高次元へと旅する事が可能です。








ケララの隣の州、タミール・ナドゥのお寺スチンダラムでは


Rudra Abishek のダルシャンを受けました

So POWERFUL!!!



美しいケララでの2週間はあっと言うまに過ぎました。バクティヴィンヤサヨガ・ティーチャートレーニングは最高に濃厚な時間でした。毎朝のマントラチャンティング、ディープなアサナの練習、午後のヨガ講義、プジャの神秘的&科学的な意味、プジャの行い方を受講生達へ伝承しました。




ドゥルガ・ナマスカーの練習、ヨガニドラ、お寺めぐり、火の儀式、プジャ、アンマのスーパー・スペシャル・ダルシャン、ケララの美しいバックウォーターのクルーズ、インドの最南端の聖地、カニヤクマリへの遠足、滞在先の5つ星リゾードのココナツジャングルに囲まれた湖に建つ美しい環境、申し分ない、毎日食べても飽きない美味しい食事、至れり尽くせりのサービス、

80時間のアドヴァンスヨガトレーニング!



本当に盛りだくさんで🉐!とってもお得でめっちゃ!低価格でご提供をさせていただき、一生心に残る、強烈にパワフルな体験を皆さんにして頂きました。今後はこの様な低価格での提供は厳しいので今回の参加者は本当にラッキーでした。インドには呼ばれないと行けないと言いますが本当にそうだと思います。


毎回ヨガスポットのインドリトリートではマックス!に最高な体験をしていただけます。お腹を壊す人もゼロで皆元気になりインドからパワーをもらい帰国します。生徒達はこのインドでのトレーニングを通じてマットの上での練習だけではなく、マット以外でのヨガティーチャーとしての姿勢を学びました。







毎朝しっかりとアサナの練習もしました

バクティヴィンヤサヨガトレーニングでは私が毎月第2月曜のティーチャース・プラクティスでガイドしているとっても特別なシークエンス
ドゥルガ・ナマスカーを受講生に伝承します
トレーニング後はドゥルガナマスカーを教えられる様になります!So lucky



生徒達は帰国してもう1ヶ月半以上経ちますが、未だに毎日インドの写真を眺めながらインドでの体験を思い出している、それほど濃厚な体験をしたと言う感想です。Yay!

細かい事を気にしたり、日本の常識から一時離れる事が出来なかったり、インドで日本のスタンダードを求めたり、恐れ一杯のマインドだったりすると体を壊したり、騙されたりと悲惨な体験をする可能性があるインド。ですが、粗探しをしないオープンなマインドとハートでインドに向かえばインドは素晴らしく美しい顔を見せてくれて、世界のどこに行っても体験できない心に深く刻印されるライフ・チェンジングな体験ができます。特にヨガラバーは一緒に一回は絶対に味わっておきたいスピリチュアル・ジャーニーです。

I ❤︎❤︎❤︎INDIA!



トリバンドラムのガネーシャ寺院でココナッツ投げの儀式


お寺でのお参りやプジャは本当にパワフル!

朝5時のガネーシャプジャ。早朝からガネーシャ寺院の中はすごくパワフルなvibesに満ちています。あの活気、バクティと古代から続く儀式、インドのお寺のパワーは言葉では説明不可能です。体感するのみ。


インドのお寺は文化や宗教を超え、科学的なメソッドによって構成されているパワースポット。お寺の中は数千年、数百年と科学的なメソッドと数式に基づいた方法で浄化され、高いバイブレーションが保たれ続けています。中にいるだけで知能を超えた、細胞レベルで浄化されるのを深く感じます。インドのパワーはお寺にあります。


次回は2018年2月!シヴァ神の聖地であるパワフル!で唯一無ニな街バラナシで行う予定です。当たり前ですが、パッケージツアーや旅行社主催のツアーでは絶対にできない、高次元の体験へとガイドします。バラナシについてはパート2に詳しく書きます。次回のインドでのバクティヴィンヤサヨガ・ティーチャートレーニングをお楽しみ。




アンマのアシュラムで13年ぶりに直々にグループを案内してくださったシャンタジ、ハイダーバッドから仕事を休んで参加してくれたアトマ先生、参加者の皆さんありがとうございました。




12年前、アシュラムでの1ヶ月のヨガティーチャートレーニングを終え

スンダリ先生とsoul brotherのシヴェンドラと一緒にコバラムビーチのこのホテルに滞在しました。12年後、生徒達とのヨガティーチャートレーニングをガイドし終えコバラムビーチの同じホテルに戻ってきました。12年間のヨガティーチャーとしてのスピリチュアル・ジャーニーを振り返り、ハートには感謝しかない、私の進んでいる道がダルマなんだと確信できました。



生徒達と10日間の濃厚な時間を共有し、コバラムビーチで数日滞在した後、私達のマハティーチャー、シヴァ・レーと練習しに北へ向かいました。トリバンドラム空港でシヴァに会いフルパワー!


この後のシヴァ神の聖地バラナシとクリシュナの聖地ヴリンダーヴァンでの体験は期待も想像もしていなかった異次元へのFULL POWER! な旅となりました。まさに私たちのヨガジャーニーの12年間のマンダラを完了させるのに相応しい女神様からの贈り物となった北インドのスピリチュアル・ジャーニー。パート2に続きます。







Har Har Mahadev








ブログ アーカイブ

このブログを検索

Yoga Spot YouTube

Loading...